こんにちは!屋内-装飾局1年、ドイツ語科のえりかです。
このブログを読んでおられる皆さんは夏休みをどのようにお過ごしでしょうか。受験生の方は体調に気をつけて勉強頑張ってくださいね。さて、私は外大の長い夏休み(7月中旬から9月一杯)を利用して早速オーストリアとドイツへ旅行に行き、先日帰国しました!
オーストリアはウィーンを中心に観光しました。私は中高5年間管弦楽部(オーケストラ)に所属していて、クラシック音楽が好きなので、音楽ホールの見学や街中にある作曲家の像に大変興奮しました!笑 そういえば、ドイ科はクラシック音楽好きが多いですね〜
ドイツは主にベルリンを巡りました。ロマンチック街道のような中世的な可愛い町を訪ねるのがドイツ観光の王道ですが、今回は現代史に触れることができるベルリンに行って参りました〜!ドイツへ旅行したのは今回が初めてなのですが、王道スポットを選ばずあえてベルリンを選んだのはなぜかというと(ベルリンは直行便も無いし日本人観光客も少ないです笑)、ベルリンの壁やホロコースト記念碑を見る「ダークツーリズム」をしたかったからです。
※ダークツーリズムとは、災害被災跡地、戦争跡地など、人類の死や悲しみを対象にした観光のこと。
ドイツ近現代史を勉強したいと考えている私にとってはとても勉強になりましたし最高でした!最高って言うのも変ですけど…このブログを読んでいる高校生や中学生でドイツ近現代史に興味がある方はいませんか?
外大の国際社会学部中央ヨーロッパ地域に来れば、ドイツ近現代史の講義を豊富に受けられるのでオススメですよ(^^)
私は元々現代史を勉強しようと思って外大の他には文学部をメインに受験したのですが、私が受けた中で外大が1番ドイツ近現代史の分野では豊富に授業があるのでは?!と思っています。
春学期にはホロコーストに関する映画を見てレポートを書くという授業を履修しました。レポートの量が多く大変でしたが、勉強になりましたo(^-^)o外大は面白い講義も多いですし、ボート大会や外語祭など友人たちと参加するイベントも盛りだくさんでなかなか楽しいです!
ぜひ外大に来てくださいね〜〜(^^)写真はウィーンで食べたザッハトルテです。めちゃくちゃ美味でした〜〜〜♡

えりか(屋装1年)