こんにちは!国際日本学部1年のほなみんです。もうすぐ1年生が終わろうとしていてとっても驚いています。1年間早かったな。今私は春休みを利用してアイルランドにショートビジットに来ています。5週間の滞在で現地の大学内の語学学校で英語の勉強をしたりアイルランド中を旅行したりしています。
さて、突然ですが数ある専攻語の中から日本語を選んだ理由を少しお話ししようと思います。私は以前ニュージーランドに行ったときに現地の人に連れられ教会に行きました。そのとき一人ぽつんと端のほうに座っていたら幼い女の子が私のほうに来て日本語で自己紹介してくれました。なんでも小学校で少し日本語を勉強していたそうで。自信たっぷりに日本語を披露してくれたことが嬉しくて嬉しくて、そこから日本語教師に憧れるようになりました。元々言語や方言に興味があったこともあり、たくさん言語を学ぶことができて、言語に興味がある人がたくさん集まるこの大学を目指すことにしました。
なぜこのようなお話をしたのかといいますと、今アイルランドでホームステイをしていて、ホストファミリーに日本語教師のお友達がいるというのを聞いたんですね。それで日本語教師になりたいんだーということを伝えたら今度会わせてあげるといってくれたんです。そして翌日学校に行ったら突然後ろから日本語で声を掛けられ、なんぞやと思ったらそこで日本語教師をしているというホストファミリーのお友達だったんです。何人かいるらしい日本語教師の中でピンポイントでそのお友達に偶然出会えるなんてとてもびっくりしました。そんなこんなでその人の日本語の授業に翌週から参加させてもらえることになりました。やったあ。家に帰ってその出来事を伝えるとめちゃくちゃ驚かれました(笑)実際に海外で日本語を教えているところに参加できるなんてあまりできない経験だと思うのでとても楽しみです。やりたいこと、目指していること、なんでも声に出して誰かに伝えることって気恥ずかしい感じもするけど大事なんですね。この出会いを通して感じました。このブログを読んでくださっているみなさんも、やりたいことがあれば心に秘めておくのもいいかもしれないけど、ぜひ声に出してみてはいかがでしょうか。
長々と拙い文章を読んでくださりありがとうございました。アイルランドSVは残り4週間。めいいっぱい楽しもうと思います。それではこのへんで。
写真は初日の帰り道で迷子になったときに丘の上で撮ったアイルランドの風景です:アイルランドの旗: