スタッフブログをご覧の方、はじめまして!言語文化学部一年生アラビア語科で屋内-装飾局に所属している中村優世です。

今回初めてのブログ投稿ということで入学してからなんとかここまで生き延びてきた一年生がどういった生活をしているかをお話しさせて頂こうかと思います!

私が東京に引っ越してきたのは3月30日、4月直前でした。元々実家は静岡だったので大学生から一人暮らしのスタートです。恥ずかしながら私は自分で家事をやる方ではなかったため生活の基本である洗濯や料理などが全然できず何かやるたびに試行錯誤の連続で時間がえらいかかりました。そうしてなんとか過ごしていくとついに授業が本格的に始まっていきます。私の専攻する言語、アラビア語は他の言語に比べ授業の進行スピードはやや早めでまた予習復習が確実に必須です。つまり予想以上に勉強が私の生活時間を圧迫するようになりました。日々1時間から2時間は勉強を行なった上で家事を行うのは不慣れなことも多くハードな日々でした。けれどその分外大に入学した後の思い描いていたなんというか理想的な生活を送れているなとも感じました。そうしてだんだんと生活に慣れてきて6月を迎えると外大では期末テストや課題が意識されるようになってきます。他大に比べ外大の夏休みは比較的早めに迎えるのでそれに伴い課題の期限なども早くなります。そして私は見事に課題を後回しにしてしまったためそこそこに苦労することになりました…

自分としては外大の生活はスパンが短い分日々が濃く豊かな学校生活になりやすいと思います。ぜひ一つの参考としてもらえれば嬉しいです!