Hujambo? 事務局1年、アフリカ地域専攻のたまちゃんです!他の本部員のブログを面白いなぁなんて読んでいたらあっという間に自分の番になってしまって、ちょっと驚いているところです…笑さて、私はこの間「風をつかまえた少年」という映画を観てきたので、そのことを少し書きたいと思います。

まずどんなお話かというと、貧困で学校を中退した少年が図書館の本から学び、風車を作って畑に水を引くことで飢饉を解決しようとする、という実話を基にした物語です。舞台がアフリカ東南部のマラウイという国だったので観に行きましたが、とってもよかったのでおすすめです!そして観に行ったのにはもうひとつきっかけがあって、実はこのお話、私が使っていた中学校の英語の教科書に載っていたんです。中学生の頃はまさか大学でアフリカを専攻するなんて思っていなかったのですが、今回再会できて、あの物語がこういう風に映画になったのか〜と感動しました。少し飛躍しますが、その時には気づかなくても、大切な出会いってあると思います。例えば、過去にものや人や出来事と出会ったことが自分の世界を広げてくれたり、役に立ったりすることがあります。たとえ100%役に立つことでなくても、その出会いにちょっと運命のようなものを感じてしまうのは私だけでしょうか…?

映画を観ながら、そんな出会いを大切にできる人でありたいな、と思ったのでした。長々と書いてしまいましたが、この辺で終わりにしようと思います。最後までお読みいただきありがとうございました!外語祭での出会いを楽しみにしています!写真は外大の最寄り、多磨駅から見える線路です。まっすぐに延びているのが気に入っていて、毎朝見たくなる景色です笑