こんにちは、渉外局二年のなおマークです。
去年は、多くの先輩方や同期が受験記を書いていたのであえてその話題には触れなかったのですが、じゃあ今年書くか、と言っても今となっては自分の受験期がどんなものだったか覚えていません。
第一志望に受かったから言えることかもしれないですが、決して悪いものではなかったと思います。生活リズムが整って髪や肌は綺麗になるし、勉強の合間のご飯はおいしいし。とりわけ学校での勉強から帰ってきて好きな海外ドラマを見ながら頂く晩御飯は最高でした。
自分は今まで三度の海外経験がありますが(三度目は現在進行形)、やっぱり日本のご飯が一番おいしいです。素朴な優しさがありますね。帰国後自宅ですいとんを頂いたときにしみじみと感じました。
と、普通なら海外良いよと押すべきなのかもしれませんがこれが自分の率直な感想です。
しかし、もちろん外国のご飯もおいしい。イギリスのフィッシュアンドチップスやカナダのプーティンなど。(おやジャンクなものばかりですね… でもハンバーガーチェーンでは緑色のmバーガーの方が好きです。アジアンカレーmバーガーはおいしかったですね。スパイスが良いアクセントです。おそらくコリアンダーも入っているのでしょう。ところでコリアンダーは英名でタイ語ではパクチー、中国語ではシャンツァイと言います。調べたところ粉末のスパイスとしてのコリアンダーは種子を用いていて、パクチーは生野菜として葉の部分を使うときにいうようです。ネットの知識なので参考程度に。なぜこの香辛料(野菜)を取り上げたかというと、私、パクチーとしてはあの香りからどうも苦手なんですが、コリアンダーとしては全然大丈夫なんです。パクチーとコリアンダーは同じ植物と知ってからこの方、一晩寝たら忘れるくらいの疑問でしたが、今回のブログをきっかけにちょっと調べた結果、解けました。種子は葉よりクセが少ないからだそうです。ありがとうございました。)
もちろん現地で頂くことができればそれに越したことはありませんが、海外に行けずとも世界の料理を、しかも同時に30ヵ国・地域の料理を食べられるところがありますね。
そう、われらが外語祭です。
自分は高校二年と三年で外語祭に来ましたが、あの時の感動は忘れられません。
中でもドイツ語科のヴルストはおいしかった。日本のよりも大きいソーセージで、ジューシーです。他にもドイツ語科の料理はおいしいものばかりです。もちろん他の料理店も個性豊かで興味深く、おいしいものばかりです。(ドイツ贔屓ではない)

ドイツだけでなく様々な国の料理店が一堂に会する外語祭へ是非足を運んでいただけると幸いです。

ミュンヘン近郊の路上のコンサート。
明るいけど21:30です!23時前まで続いて水曜にも関わらず多くの人が楽しんでいました
というわけでドイツ、バイエルンより。
渉外局二年ドイツ語科なお(マーク)