事務局1年生の星野と言います!

私はこの夏休み海外にも行かず、受験期に出来なかったことを満喫しています。地元に帰ったり、花火したり、アニメ見たり、本を読んだり……とにかく楽しいです!何を書こうかな〜と思ったのですが、受験?というか私がドイツ語を選んだ理由について書きたいと思います。

私は国際社会学部中央ヨーロッパ地域ドイツ語専攻なのですが、実は元々は理系でした。小さい頃から言語や外国の文化に興味がありましたが、それと同じくらい医学にも興味がありました。言語と医学どっちの道に進むか、高校2年生の時に凄く悩んだことを今でも覚えています。結局こうして外大にきたわけですが、色々な分野にすぐ興味を持ってしまう私なので医学の道より言語を学んだ方が、将来により多くの選択肢を残せるのではないかと思い、外大を受験することにしました。正直今でも医師には強い憧れがありますし、これで良かったのかなと思う時もあります。実際にドイツ語を選んだ理由も医学が発展していて、医療用語が多いのが大きな理由です。(未練タラタラですね(笑))ですが、こうして外大で学んでいる以上、語学力なり、見識の広さなり、未来の自分が何か誇れるものを得られるよう日々精進していきたいと思っています!月並みな表現ではありますが、人生一度きり!自分の選んだ道を信じて、強く激しく濃く自由に生きるために、これからも頑張っていきたいです。

大学の夏休みもあと1週間ほど!
めちゃくちゃ満喫してみせます〜!

最後に!写真は私の地元の新潟で行われる長岡花火の写真を!屋形船で見る花火は本当に夢のような景色でした!