こんにちは、渉外局1年ペルシア語科のりなです!

私は今、ショートビジット(短期留学)でイランに来ています。

イランというと怖いというイメージを持つ方も多いと思います。ですが、実際に来てみて感じたのは、安全すぎ‼︎‼ ︎夜の12時くらいまで遊んでいても全く問題ありません(笑)もちろん、人通りの多い場所限定ですが。
また、イランはおもてなしの精神に溢れています。日本とは比べ物になりません。「お・も・て・な・し」なんて言ってる暇はありません。それを超える国があったのです!
まず、イラン人は必ずといって良いほど家に招待し、ご飯をごちそうしてくれます。
バザールで絨毯屋に寄った際、おじさんが「お昼食べて行きなよ」と言ってくれました。初対面のおじさんです。優しいおじさんだったので、お言葉に甘えることに。なんといってもご飯の量が多い‼︎ 確実に3人前ぐらいはありました(笑)
エマーム広場で休憩していると、男子大学生が声を掛けてきて市内を案内するよと。こちらも優しそうだったのでついて行くことにしました。有名な橋や、綺麗な夜景が見える山などに連れて行ってくれました。

こんな感じで、イラン人はとても優しいです。ただ、すべての人が優しいとは限りません。たまに信用しきれない人もいます(笑)ついて行くかどうかは自分で判断しなければなりません。
このように大学生の旅は、すべて自己責任ですが、自由度はとても高いです。自分の行きたいところに、自分の好きな時間に行けるのです。このような旅ができるのは大学生の間だけだと思います。
世界史や日本史で習った場所に実際に行ってみると、2倍も3倍も楽しめます。受験生の皆さんも、大学生になったらどこに行くか考えながら残りの期間勉強してみてください!楽しみながらできると思います!!ファイト!!!!!

写真はシーラーズのピンクモスクです。ステンドグラスがめっちゃきれい。