「何になりたいのか」→「何をしたいのか」

  • by

こんにちは。中国語専攻2年野外ステージ局のもゆです。最近人気の、ひらがな5文字(あ〇〇ょ〇)の女性歌手の曲に浸りながら、今このブログを書いております。大学受験で国語が大の苦手だった(センター試験で死にました)私が書く文章は何の壮大さも感動も面白みもないということだけご承知おきくださいね~。まとまりがない文章が完成したので、サラッと目を通していただければ光栄です♡

突然ですがみなさんに質問です。将来「何になりたい」ですか?
この質問、私自身今までに何回も聞かれたことがあります。きっとみなさんもそうなのではないでしょうか。私の場合、聞かれるたびはっきりとした答えが自分の中から出せず、結局モヤモヤとした気持ちになって終わっていました。美容師、キャビンアテンダント、通訳、パイロット、ユーチューバー、医者、銀行員、看護師、薬剤師、弁護士、消防士、先生、バスの運転手…。この世界には数えきれないほどたくさんの職業が存在しますね。こんなにもたくさん職業があるのに、「何」になりたいのかわからない。友達が将来の夢に向かって頑張っていたり語っていたりするとなおさら気持ちが変に落ち着かないような気がしたりして…。

こんなにも頭のかたい私に、ある本が新しい考え方を与えてくれました。それは、将来「何者かになる」のではなく、「何をするか」が大切だということです。いやいやそりゃそうでしょ、何を当たり前のこと言っているの、と思ったそこのあなた。すばらしい!!!大学を卒業したら、その先私は「何をしたいのかな」「どんな人になりたいのかな」「どのようにして人のためになることができるのかな」。このような、私にとっては新しい考え方を今では自然に用いることができるようになり、少し気持ちが楽になったような☺︎

普段あまり自分からすすんで本を読むことがないので、ゆっくり本を読むって大切だなぁとこの春休みに改めて感じました。大学の授業があると予習や課題、バイトなどがあってなかなかそうはいかないので(言い訳ですね、はい)。
最後に、特に関連する写真がなかったのでこの前食べておいしかったローストビーフ丼を載せておきます。なぜこのお店に行ったのかというと、私が大好きな韓国の男性アイドルグループ(BT〇)のメンバーが日本に旅行で来た時に食べに来ていたからです♡(単純)

もゆ(野外ステージ局2年)