こんにちは〜事務局1年のこはるです。毎日暑いですね、みなさんお元気でしょうか。私は今、ふるさと徳島に帰省しています。徳島も暑いですが、最近は夜に秋の虫の音が聞こえてくるようになりました。もうすぐですね…
お盆の時期、徳島は阿波踊り一色に染まります。大きな演舞場がある徳島駅周辺は、阿波踊りに来た人で、普段では想像もつかないほどたくさんの人であふれかえっています。ちなみに徳島に電車も新幹線もありません。あるのは汽車です。
上京してからというもの、出身は徳島ですと言うと、一瞬「ん?ああ、徳島ね」という何とも歯切れの悪い反応が返ってくることも多く、徳島の知名度の低さを実感することが増えました。確かに、徳島にはディズニーランドのようなテーマパークらしいものもないですし、東京タワーもような全国的に有名な観光スポットも多くはありません。徳島の推しといえば、阿波踊りはもちろんとして、やっぱり豊かな自然や伝統文化ということになるのでしょうか。鳴門の渦潮や祖谷のかずら橋の雄大さ、藍染やしじら織の繊細さ、鳴門金時やワカメ、スダチなど農作物の種類の豊富さ…加えて、四季折々に色を変える山々や、真っ赤な夕日、初夏から秋にかけて広がる水田のように、隠れた絶景もたくさんあるんです。
散々お国自慢になってしまいましたね。ひとりぐらしを始めて、徳島にいた頃には全く気づいていなかった徳島の魅力をたくさん見つけました。外大生の身近な徳島観光大使として活動しようと思います。何様感は否めませんが。みなさんぜひ徳島にいらしてくださいね〜

写真は、阿波踊りが行われる大きな演舞場のひとつ、藍場浜演舞場の様子です。阿波踊り自体はまだ始まっていない時間帯でしたが、とても賑わっていました。

 

こはる(事務局1年)