• by

がにちは。広報局2年ロシア語科のあかるんと申します。
春から続いている引きこもり生活ももう慣れたもので、かれこれ半年は地元千葉の県境を跨いでいません。気が塞ぐ日々はまだ続きそうですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?最近は元々好きなサッカーに加えて野球も観るようになりました。お酒をのみながらナイター観戦するのが夢です。でも今は感染拡大防止の観点から観客の数が制限され、応援の声や歓声を上げることもできない状態です。人でびっしり埋まったスタンドの雰囲気、周りのみんなと喜びを分かち合う瞬間が大好きな私にとってかなり辛い時期ですが、元に戻る日を信じて堪えるしかありません。こうもコロナに翻弄されっぱなしでは嫌になっちゃいますね。逆にこういう状況でもできることとか、こういう時期だからこそできることを見つけていきたいです。留学をはじめどうしようもないこともたくさんあるけれど、今の時間をうまく何かに活かして新しいことができたらなあと思います。皆さんは自粛期間中だからこそできた新しい発見や出会いなどありますか?僕は数年ぶりに近所を散歩していたら見覚えのない保育園と消防署を見つけました。僕にとってはなんの収穫にもならなかったですが、生活様式や行動範囲が変わることで初めて気づくこともあるんだなあとしみじみ感じました。おうち時間で本を読むとか新しい趣味を見つけるとか何でもいいから、コロナのせいでできないことの分、コロナ時代だからこそできることをポジティブに見つけることができれば、2020年もまだまだ有意義な年にできるのではないでしょうか。同じことしか言っていない気がしますが、ほんとに書くネタが思い浮かばなくてどうしようもないんです。さて、今年度の外語祭もコロナにより開催の可否が考慮されましたが、これまで続いてきた外語祭を途切れさせたくはないという思いもあり、史上初のオンライン開催へと踏み切ることになりました。キャンパスで開催できないことが何より残念ですが、オンラインでの開催は、withコロナの時代に立ち向かっていく、外実のみならず外大全体規模での挑戦になります。新しい試みを学内外問わずたくさんの方に見て楽しんでいただけたら嬉しいです。

あかるん(広報局2年)