対面初日、写真撮ればよかったなぁ

  • by

こんにちは。広報局一年のソフィーです。

このブログを書いている本日、学部一年にとっては初めての登校、対面授業がありました。長い夏休み中は、みんなどういう人たちなんだろう、大学生活ってどんなだろうなどといろいろ考えていましたが、いざ始まってみたら特に何も感じることがありませんでした笑。大学は、カリキュラムやその他システムの関係上スケジュールが人によって本当にバラバラなので、高校と違って人間関係が非常に流動的で、構内には多くの人間がいながらもほとんど知らない人たちなので、だからこその居心地の良さがありました。都会の喧騒の持つ、たくさんの人がいるカオスな空間に置かれながらも、お互い交わることはもうなく、互いに無関心、というあの謎の居心地の良さに近い気がします。

と、対面初日の所感はここまでにして、何を書こうかな、と考えたのですが、なんとなく思いつかなかったのでとりあえず夏休み中に新たに出来た趣味について話そうと思います。私は、絵を描く、歌を歌う、映画を見る、映像を作る、楽器を弾く、などなど趣味がたくさんあるのですが、夏休みは、なんとこれらに写真を撮ることが加わりました。高校時代、周りにカメラが好きな友人は多くいたのですが、当時は全く興味が持てなかったので、正直自分でもびっくりです。当時、外出時に写真を撮るのに必死な友人を見ては、なんとなく退屈な気分でいたくらいでした。
まあそれを面白い思う人たちにとっては面白いのだろうくらいの気持ちでしかなく、どうも写真だけは興味が持てなかったのです。しかし、夏休み中、あまりに暇で毎朝散歩をするときになんとなく青空を撮ることを始めてから、綺麗な空を自分の携帯の中に収められるということに喜びを感じ始めました。特に加工にこだわっています。絵を描いているような感覚で加工をしています。

そんなこんなで最近写真にハマった私ですが、最後に、夏休み中に撮った写真を載せようと思います。夏休み中は主にスマホで撮っていましたが、最近一眼レフを手に入れたので、様々な機能を使いこなせるように、これから精進していきたいです。
私はあいぽん7なので最新機種ではないのですが、それでも以下に添付したもののようにやりようによってはかなり撮れるので、やはりスマホは侮れません。みなさんも、ご自身の携帯で一枚撮ってみてはいかがでしょうか。

ソフィー(広報局1年)