こんにちは!渉外局2年のしょーやんです

今更ながらこのスタッフブログの影響力に驚いております。なんと、昨年度僕がクロアチアについて熱く語ったブログを1つ下の後輩が覚えていて、「クロアチア語科です!」(そんな語科は外大にはないよ!)と嘘をついたら、「去年スタッフブログで見ましたが、先輩は〇〇語科じゃないんですか?」と指摘してきたのです笑
当たり前ですが、誰に見られても恥ずかしくないように、今回の記事は気を引き締めて書いていきます。また懲りずに東欧について語っていきますが。

今回ブログを書くにあたり、その記事を見直したのですが、そこには1つの目標が書いてありました。「スロヴェニアにショートビジットに行く!」
これは1年前の自分に教えてあげたい。その後冬学期にちゃんと行ってるよ、しかも大好きなクロアチア・セルビア・ボスニアにもね、と笑
初めて生で見る東欧の風景はとても感動的で、建物も景色も何もかもが輝いて見えました。内戦の跡を感じることもありましたが、その過去を乗り越えて常に綺麗な笑顔を浮かべている人々の様子がとても印象的でした。

さらにこの夏、バルト三国の1つであるリトアニアにもショートビジットに行ってきました。こちらはリトアニア語の授業を取っていたためリトアニア語の学習についてはいくらか気楽でしたが、とにかく文化面で初めて知ることや、実際に見てみなければ分からなかったであろうことも多々ありました。

2回のショートビジットを経て、周囲には「お前は何専攻だ」「色々手を出しすぎじゃないか」とも言われました。専攻とかけ離れたところにも興味分野が広がりすぎているため、僕自身、これらを将来にどう生かすかと質問されたら答えようがありません笑

でもいいんです。自分にとっては、今が楽しければ。
・・・こんなテキトーなことを、将来のある受験生のみなさんに言ってはダメなのでしょうが笑
去年と同じようなことを書きますが、飽き性で面倒くさがりだった自分が初めて熱中できたのが外大で学べるありとあらゆる外国のことでした。だから、今の自分のこの気持ちを大切にしたい。まさに自分はこの大学、そして東欧を中心とした諸外国に恋をしているのだと思います。
好きなことを自由に学べ、行こうと思えば海外のどこでも行ける、それが例え専攻語の地域でなくとも。そして、日本での座学では決して知り得ないことも、海外に出れば学べるかもしれない。自分はなんて恵まれた環境にいるのだろうと、常々考えております。

外大を目指す方々にも、それぞれ目標にしていること、成し遂げたいことがあるのでしょうが、それを胸に抱いていること自体が、本当に素晴らしいことだと思っています。自分にとってはみなさんより長く、20年もかけてやっと気付けたことなのですから。

今年も外語祭でお待ちしています!
それでは、do viđenja!

クロアチアとリトアニアで一番好きだった場所の写真を載せておきます!
クロアチアのドゥブロヴニク旧市街&ロクルム島と、リトアニアのシャウレイ近郊の十字架の丘。

しょーやん(渉外局2年)