世界の料理

  • by

こんにちは!企画局1年ドイツ語専攻のはづきです。外語祭、あっという間に終わってしまいましたね…来年は、バリバリ活動できるようになればいいな、と早くも楽しみにしています笑
今年の外語祭で私がいちばん楽しかったのが、1年生の料理企画でした。どの語科もハイクオリティで、見ているだけでお腹がすいてきましたね笑というわけで、今日は料理について少し書いていこうと思います。
外大に入学する前、私は「外大の友だちと世界の料理を食べに行きたい!」と思っていました。東京には世界各国のレストランがあるし、外大には普段食べられないような世界の料理に興味がある人が多いかな、と思ったからです。しかし、コロナの影響で食事どころか大学にすら行けない状況に…!そこで、代わりに世界の料理を家で作ることにしました。もともと料理はあまりしなかったのですが、世界の料理を集めたレシピを買い、休みの日にいくつか作ってみました。ここではお気に入りの二品を紹介しようと思います。この写真はハンガリー風ロールキャベツです。パプリカやザワークラウト、仕上げのヨーグルトが普通のものと違っておいしいです。これはアゼルバイジャンのシェチェルブラというお菓子です。クッキー生地にクルミと砂糖、カルダモンのフィリングが入っていて、エキゾチックな感じです。ハマってしまって3回くらい作りました笑耳の部分がきれいにねじれなくて練習中です。
あまり上手く作れませんでしたが、実際に作ることで知らない食材や新しい味に出会え、楽しかったです。冬休みには、寒い地方の料理をたくさん作ってみたいです。みなさんも、ぜひ気になった世界の料理やお菓子を作ってみてください!(でもやっぱりレストランや現地で世界の料理を楽しめる日が戻ってきてほしい!)

はづき(企画局1年)