ニーハオ🇨🇳!
1年、中国語科のうなです😄
私は外大に入って良かった〜〜!!と思うことについて書きたいと思います😊

1. 勉強頑張れる!

外大は言語を学ぶのに最高な場所です!私がそう思う理由は3つあります。
1つ目に、優秀で努力家な人が集まっているからです。入学前は想像しなかったほど、外大生はまじめで勤勉でした。予習・復習を欠かさずする、授業開始5分前には着席する、授業中寝ない、空き時間は勉強するいったことが当たり前にできてしまう人が大半なのです!意欲的な人たちに囲まれると自然と自分も頑張ろうという気持ちになれます💪(課題とテストが多く、勉強せざるおえないという面もありますが…)また、わからないところを確認し合える仲間がいるのもとても心強いです。
2つ目に、外大には留学生がいっぱいいるからです。留学生が多いというだけではなく、仲良くなりたいという気持ちがあれば留学生と関わる機会も沢山あります。外大の留学生はみなとてもフレンドリーで、オープンで、仲良くなれたらとても楽しいです。留学生と自分の専攻語で会話できたらさらに楽しいし、勉強にもなります。英語が喋れないと仲良くなれないのでは…?と思う人もご安心を。留学生には日本語が得意な人も大勢います👌
3つ目に、言語のプロである先生方の授業を受けられるからです。私の中国語の先生達は、中国、中国語が本当に大好きで、授業の合間に中国や中国語についておもしろい話をしてくれるので楽しく授業を受けています。
2. 素敵な先輩に出会える!

外大の先輩達は素敵な人ばかりです。自分の好きなものを極めていたり、サークルで特技をいかしていたり、専攻語をペラペラと話せていたり、と芯が通っていて我が道を進んでいるところがすごくかっこいいです。さらに、優しくて頼りになります。私はサークルで大学から新しいことを始めましたが、先輩達は心から歓迎してくれてしっかりとサポートしてくれています。また、サークルのことのみならず、履修などいろいろな相談にのってくれます。外大に入れば、きっと憧れの先輩に出会えるでしょう!😆
3. 青春できる!

みんなで一丸となって楽しめる行事は高校でおわり…!と思っていませんか?いいえ!外大なら、大学生になってもみんなでわいわい行事で盛り上がれます。外大の行事といえばなんといっても外語祭!外語祭では語科ごとに1年生は料理店を出店し、二年生は語劇を披露します!どちらも準備や練習がとても大変ですが、語科のみんなで団結できるめっちゃ良い機会です。他にはボート大会という行事が1年生の春にあって、語科ごとにお揃いのTシャツ(語科T)を来て応援したり、乗りたければボートに乗ったりできちゃいます🚣‍♀️

ブログの書き方がいまいちよくわからないままここまできてしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。これを読んで受験へのモチベーションを少しでもあげてもらえたら嬉しいです😌

写真はこの夏四川省で見たパンダです。
どこに隠れているでしょうか?🐼

うな(語劇局1年)