毎日委員会本部の前でせっせと装飾づくりに励む学生たちをみながら、心の中でエールをおくっています、中国語専攻3年、野外ステージ局長のみきてぃーです。

さて、ここでいきなりですがクイズです。
【問題】私の外語祭好きポイントはどこでしょう?
そんなの知るかよっ!というツッコミはさておき(笑)
なんでしょう?
おいしい各国の料理?スーパーハイスペックな語劇?キレーで見とれちゃうダンスのお姉さん?
どれも惜しいですね〜でもちがうよ!

答えは、眩しいくらいの学生たちのパワーです。彼らから迸るエナジーが好きです。料理店も語劇も野ステも、皆の頑張る姿に惹かれてやみません。

外語祭にむけて、大勢の外大生が忙しい時間をやりくりして猛烈に準備してきています。
早いところは春から、私たち実行委員会自体は冬から動き始めます。

料理店は試作を重ね、語劇は台本から作ってひたすら練習。
暑かろうが寒かろうが、大雨だろうが休みだろうが、キャンパスにはいつも誰かいて、サークル棟ではバンドや部活が練習している声が聞こえてきます。
時には修羅場もあるのだけど(笑)、そんな準備の様子をみると胸が熱くなるんです。へへ。

グループで何かをやるって時点で、そりゃ楽しいことばかりじゃないです。
意見の相違、性格の違いでモヤモヤしたり、勉強バイトその他の両立で悩んだり。
これからいよいよ佳境に入って、余裕もなくなってくると思います。
外語祭終わったらもうヘトヘトだろね?

別に1年生を怖がらせたい訳じゃないですし、未来の外大生に「外語祭やりたくない…」なんて思われたい訳じゃないです。

伝えたいのは、
その辛いときを乗り越えてこそ見える景色だったり、得られる仲間がいるよーってことです。
だからもうちょっと踏ん張ろーよってことです。

苦しいな、って思ったら1人で抱えずに周りを頼ってください。
また、もしそういう人を見つけたらひと声かけてやってください。
私はそれで何度も救われてきました。

仲間と声かけあって、助けあって、
1人じゃ到底できないようなでっかいことやり遂げちゃいましょ?
「ここまでやるのか外語祭…!」ってお客さんみんな唸らせちゃいましょ?

頑張ったこと、打ち込んだことって心に大事に残ると思うんです。

大学柄みんな留学やら海外インターンやら就職やらですぐバラバラになっちゃうけど
もっと大人になって再会した時に、「あのときはさー」「外語祭でさー」って思い出話に花が咲いたり〜なんて最高じゃない?お酒でも飲みながらさ?

必死なって何かやるって大変だけどやっぱり楽しい。自分の頭つかってやっていくのは楽しい。

これが3年間外実頑張ってきて思うことです。

先輩同期後輩、周りに恵まれ、つくづく続けてきて良かったなあと感じます。
あと少し、できる限りを尽くします。

外語祭、今年もすごいことになってます。あちらこちらで面白い試みがありますよ!
外大生のパワー感じに、是非是非いらしてください。

ご飯食べるとむくむく力湧いてくるよねーってことで最近食べに行ったカレーの写真です。
真ん中のご飯によってワンプレートで2種類食べられるステキングなカレーでした。片方は海老パクチー、もう一方はチキンだよ。
外語祭もカレーたくさん食べたいなあ〜

みきてぃー(野ステ3年)