メルハバ、こんにちはー!
最近は語劇のリハーサルが行われ、本部員のみんなより先にプレ本祭を味わっている、
3年トルコ語専攻、語劇局長のあゆです〜!

外語祭に恋をして、今年ではや6年!我ながら一途ですねぇ笑
今日は私の考える外語祭の魅力について、6年前のことも思い出しつつ書いてみました。さらっと読んでいただけると嬉しいです。

私が初めて外語祭を訪れたのは、高校1年生の時。その時感じた胸の高鳴りを、今でもはっきりと思い出すことができます。

円形回廊にずらっと並ぶ料理店、聞いたこともない言語で流暢に上演される語劇、テレビでしか見たことのない踊りや音楽。
世界がここにある、そう思いました。

そんな素敵な世界を近くで感じたくて、私も一緒に作り上げたくて、3年後ついに、外語祭実行委員会への仲間入りを果たすことができました。

外実に入ってからは、先輩たちに仕事を教えてもらう一方、外語祭を作り上げるたくさんの人々の姿を見、その想いに触れました。

美味しい世界の料理を提供しようと何度も試作会を繰り返す1年生、
つい最近習い始めた言語で流暢な劇を上演しようと必死に練習を重ねる2年生、
最高のパフォーマンスを披露するため、日々の学習の成果を発表するために準備を進める学生たち。

時に葛藤を抱え、仲間とぶつかりながらも、一つのことに向かって努力し、良いものを作り上げようという想いを共有する彼らの姿。

そしてそんな学生たちをサポートすべく、何ヶ月も前から話し合いを重ね、安全に楽しんでもらえるよう、もっと素敵な、もっとわくわくする外語祭を作り上げたいと願い、奔走する外実の仲間たち。

外実に入って一番の幸せは、
そんなみんなの想いや、一生懸命に努力する姿を見られること。

語劇局員としての一番の幸せは、
たった一度の語劇のために全力を傾ける学生たちが、終わった後に見せる晴々とした笑顔を、上手くいって良かったと喜び涙を流す姿を、一番近くで見られること。

そして今年、3年生として、語劇局長としての一番の幸せは、
そんな学生たちの支えとなり、もっと素敵な外語祭を作り上げようと毎日頑張る頼もしい同期とともに、可愛い後輩たちの成長を見守ることが出来ること。
大好きな彼らと一緒に、第95回外語祭実行委員会のメンバーとして活動できること。

そんな幸せを噛みしめることが出来るのも、残すところあと数日。
真っ赤なスタッフジャンパーに身を包んでキャンパスを走り回る外語祭も、今年でいよいよ最後です。

たくさんの人々の、様々な想いがぎゅっっと詰まった外語祭。素敵でないはずがない、そう思いませんか?

私が恋する外語祭を、多くの方々に、見て、聞いて、食べて、感じてもらいたい。
そんな想いを胸に、第95回外語祭、皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

第95回外語祭と、今年度全29団体の語劇が、素晴らしいものとなることを願って。

 

毎年ごげきーず1年生が作るタイムテーブル幕。今年も力作だね!かわいい~

あゆ(語劇三年)