地域×コロナ復興第二弾

今年度、外語祭実行委員会広報局地域担当は、昨年度に引き続き地域×コロナ復興第二弾をテーマに活動します。このテーマは、コロナ禍で大変な世の中の今こそ、地域の方々との繋がりを見直し、その繋がりを強化していきたいという思いから設定しました。コロナ禍により直接の人との交流が閉ざされた今、私たちにできることを通して地域の中での交流を増やしていきたいと思っております。

①たふくじら希望集めの旅

新型コロナウイルス感染症で海外渡航できなくなった、外語祭のマスコットキャラクターである たふくじら のために、コロナ後への希望のメッセージを書いて、未来への希望の橋を架けてあげよう!たふくじらが府中市内を巡って皆さんのコロナ後への希望のメッセージを集めます(どの場所にたふくじらがいるかは、後日アップロードする下図を参照してください)

「今はできないこんなことがしたい!」「新しい生活の中で見つけた小さな幸せ」などみんながほんのちょっとハッピーになれるようなメッセージをたふくじらに乗せてください。※感染症対策のため、ペンはご自身でお持ちのものを使ってください。(カラフルなペン大歓迎です!)

私たちは東京外国語大学で言葉を学んでいます。だからこそ言葉の力でコロナ禍前以上に地域の中での交流を生み出せるのではないかと考えています。この考えは、府中市民協働まつりの活動方針と通じるものでした。そこで今年度は、少しでも府中市を明るい未来へと導けると信じ、「沢山のコロナ後への希望のメッセージを誰もが見れる」という企画を外語祭実行委員会が府中市民協働まつりと連携して実施します。

書き方

たふくじらの体部分にコロナ後の希望のメッセージを書きましょう。過度に大きい字での記入はご遠慮ください。また、感染症対策のため、たふくじらに触る前にはアルコール消毒をし、ご自身のペンで書いてください。暴言や落書きは厳禁です。

準備中…

②府中市内飲食店コラボメニュー企画

地域のお店で、外語祭にちなんだスペシャルメニューを提供していただきます!(対象店舗、期間は後日お知らせします。)今年度は外語祭での料理店の開催がなくなってしまったため、府中市内で世界の料理に触れることができる場所を増やします。

実施期間:11/1~11/30

③外語祭×府中市民協働まつり コラボ企画 『世界の民族衣装ファッションショー』

11月27日,28日に開催する「第7回府中市民協働まつり」で、世界の民族衣装ファッションショーを、府中市民協働まつりとのコラボ企画として開催します。学生と市民の有志がランウェイを歩きます。
民族衣装ファッションショーを通し、東京外国語大学の学生と市民との交流が生まれたり、市民が世界の国々やそこに住む人たちに関心を持つきっかけとなったり、また、美しい民族衣装に心躍る時間を提供していきたいと考えています。

※日時など詳細は府中市民協働まつりHP(http://www.fuchu-platz.jp/event/1002370/index.html)、外語祭実行委員会SNSでご確認ください

準備中⋯

準備中…

④地域の飲食店紹介企画

普段お世話になっている地域の飲食店様の紹介を行います。コロナが落ち着いたらぜひ皆さんもいってみては?