フランス語劇
『Madame Bovary
(ボヴァリー夫人)』

フランス語劇の演目は、フローベールの長編小説『ボヴァリー夫人』です。小さな田舎町の医者シャルル・ボヴァリーと結婚したエマ。しかし、単調で退屈な毎日に嫌気が差した彼女は、やがて不倫に溺れていく。ボヴァリー夫人に降りかかる悲劇と人生の真実を刮目せよ!1年半フランス語の学習に励んできた外大フランス語科の手により、19世紀フランス文学の名作が蘇ります。お楽しみに!

La pièce de théâtre français est basée sur le long roman de Gustave Flaubert, Madame Bovary. Le personnage principal, Emma, est marié à Charles Bovary, un médecin de campagne. Cependant elle s’ennuie dans sa vie qu’elle trouve monotone et sans intérêt. Elle en vient rapidement à tromper son mari. Découvrez la tragédie qui s’est abattue sur Madame Bovary et la vérité sur sa vie ! Pendant une journée seulement, le chefs-d’œuvre de la littérature française du XIXe siècle sera mis en valeur par les étudiants du département de français de l’Université des études étrangères de Tokyo.


あなたが考える理想的な結婚生活には何が必要ですか?揺るぎない愛情?情熱的な日々?それとも仕事への理解?贅沢さ?幸せな生活にはさまざまな要素がバランスよく必要ですが……食卓での楽しい会話がなかったら…… 

ボヴァリー夫人に降りかかる数々の運命の罠。19世紀フランスを自分に正直に生きる彼女を誰が責められようか? 

彼女の数奇で、悲劇的で、刺激的な人生を、しかと目に焼き付けよ!!