ヒンディー語劇
『धरती की पुकार(大地の呼び声)』

ある日人間たちは、環境変化のせいで自分達が大変な目にあっていると母なる大地に助けを求めに来ます。しかし、空気、森、山、川、そして海は違う言い分を持っているようです。人間と自然たちは衝突を越え、何に気がつくのでしょうか。両者の共存のために母なる大地が訴えたこととは。

एक दिन मानव धरती माता से रक्षा माँगने आए कि प्रकृति के बदलाव की वजह से वे संकट में हैं। लेकिन, हवा, जंगल, पर्वत, नदी, और समुद्र जैसे प्रकृति के सदस्य भी मानव से परेशान लग रहे थे। दोनों पक्षों की बातें सुनकर, धरती माता उन्हें कैसी सलाह देंगी? मानव और प्रकृति दोनों की सुरक्षा के लिए, अब हमें क्या करना चाहिए?


नमस्ते(ナマステ〜)!今年度のヒンディー語劇では、自然と人間との関係性をテーマにした作品を上演します。 この作品のみどころは、わたしたち人間と擬人化された自然たちとの間に起こる葛藤です。環境の変化による暮らしにくさを訴える人間たちと、その原因はむしろ人間たちにあると主張する空気や川などの自然物、そして両者を調停する母なる大地の、三者それぞれのやりとりにご注目ください! 環境破壊や汚染問題、自然災害が絶えない現代において、私たち人間はどう行動すべきでしょうか。今だからこそ見てほしい作品となっています。