ポーランド語劇
『Śluby panieńskie czyli Magnetyzm serca (乙女の誓い)』

時は19世紀、ポーランドのルブリンの郊外。 ある日、2人の美しい従姉妹アニエラとクララは誓いを立てる。「一生結婚しない!」 アニエラに求婚していたグスタフ、クララにぞっこんのアルビンは大慌て。 そこでグスタフが一計を講じ、事態はますますこんがらがって…? 果たしてアニエラとクララの誓いは守られるのか?グスタフの知恵が勝利するのか?

Gustaw chce się ożenić z piękną Anielą, a w Klarze, kuzynce Anieli, od dawna podkochuje się Albin. Dziewczyny jednak w ogóle się nimi nie interesują. Klara i Aniela złożyły śluby panieńskie, postanowiły nienawidzić mężczyzn i nie wychodzić za mąż. Gustaw obmyśla więc plan, żeby zmusić je do złamania przysięgi.


今年、ポーランド語科2年生は「Śluby Panieńskie」(「乙女の誓い」)を上演いたします。「Śluby Panieńskie」はアレクサンデル・フレドロにより19世紀に書かれた「愛 miłość」をテーマにした喜劇です。今回はそれを劇バージョンでお届けいたします!感情豊かな登場人物たちや物語の展開、ショパンの楽曲など見どころ満載です! ぜひお気軽にご来場ください。