こんにちは。語劇局2年、現役局員で唯一のロシア語科になってしまったあづです。皆様、この夏いかがお過ごしでしょうか?毎日暑いですね。
私はつい先週まで1週間ほどロシアのエカテリンブルクという都市に滞在していたのですが、とても涼しくてよいところでした。
今回のブログでは、「暗い、寒い、怖い」というイメージを持たれがちなロシアのいいところを紹介したいと思います。
まず、夏のロシアは涼しく、かつ日も長く、1日中遊んでいられます。
料理もおいしいです。ボルシチ、ピロシキなどの有名なもの以外にもおいしい料理がたくさんあります。食に困らないというのは大切ですね。あと、ロシア人は紅茶が大好きなので、たいてい食後に紅茶とデザートがでてきて、ティータイムを楽しみます。
そして、ロシアの人々も怖くないですよ。基本英語は通じず、店員さんは無愛想ですが、話してみるとみんないい人で、仲良くなるとすぐになんでもやってくれようとしたり、お菓子をくれたりします。
少しはロシアへのイメージが変わったでしょうか?
ここにあげたいいところはあくまでも私個人が感じたことですが、これを見て、少しでもロシアという国に興味を持ってくれたら幸いです。
来年はロシアでサッカーワールドカップも行われますし、一度ロシアへ旅行してみてはどうでしょう?


ボルシチおいしいです。外語祭でも様々なロシア料理を楽しむことができるので、ぜひいらしてください。

あづ(語劇局2年)