私の大好きな場所

  • by

 こんにちは。事務局長のまゆさんです。

 さてこのスタッフブログを書くにあたり、本当に数週間くらい内容を考えました。書きたいことは山ほどあるのですが、これが私にとって最後のスタッフブログになるので、最後に言い残したいことを書こうと思います。 突然ですが私は中高ともに吹奏楽部で、中学も高校も部長を務めていました。でも別にリーダーシップに自信があるわけではありません。どちらも立候補とかをしたわけではないのです。真面目にやっていたら先輩や先生にご指名いただいただけなのです。それで「せっかく指名されたしやってみようかな」と思い、部長になってみました。
 でもその仕事は「部長になってみた」人間にはきついもので。先生と生徒、部員と部員の板挟みになることは日常茶飯事で、中立的でいなければと考えていた私には相談できる人もほとんどいませんでした。それで「人の上に立つのは向いてないなあ」と思い、二度と責任者になんてなるもんか、と心に決めていました。実は。
  その後大学に入って、「なんか仕事みたいなことしたいな~」とぼんやり思って、一回しか説明会に行っていないにもかかわらず、外実に入りました(こんな局長もいるんですよ)。でもそこはとっても居心地が良くて。みんなが「外語祭」というイベントを愛し、そのために力を注ぐことを惜しまない。みんなが同じ方向を向いて、みんなで協力し、みんなで成功を分かち合えるようなところでした。そんな外実が大好きで、はじめて自分から「局長をやってみたい」と言いました。
 局長の業務は、特に今年は新しい事だらけ(新しいことしかない)で、楽では決してありませんでしたが、外語祭のため、外実のため、事務局員のために働けることは本当に嬉しくて、光栄なことだなあと感じていました。正直、良い局長であったかは自信がありませんが、少しでも外実に、事務局に貢献出来ていたらいいな…なんて思います。 最後に、関わってくれた皆様に感謝を。外大の一年生の皆さん、つたない運営の中でもオンライン外語祭に参加してくださり、本当にありがとうございます。実行委員会の皆さん、一緒に仕事ができて光栄でした、ありがとう。同期のみんな、3年間一緒に仕事ができて嬉しかったです、ありがとう。事務局のみんな、最後までついてきてくれてありがとう、大好きです。 とまあ書いておいて、まだ外語祭終わってないんですよね。帰るまでが遠足、ならぬ、全て片付くまでが外語祭です。まだまだ頑張りますよ私は。ということで最後にPR。
 今年の一年生は料理動画企画、文化紹介企画、インタビュー企画という3つの枠で、それぞれ個性と魅力たっぷりの動画を作成しています。ぜひぜひ普段の外語祭では味わえない、個性あふれる企画をお楽しみください!
 最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!
 
p.s. 写真は迷った末に、自分が2年間扱った相棒、プロパンガスボンベ。最後にこれかい!というつっこみは受け付けないのであしからず。しっとり終わるのは性に合わないんですよね。笑

 

まゆさん(事務局長)