私がTUFSに進学を決めた理由

  • by

こんにちは〜 事務局1年 朝鮮語科のあべです!
オリンピック、熱い戦いでしたね〜:火:こんなに色々なスポーツを一度に観戦したのは初めてで感動しっぱなしでした。スポーツっていいな〜としみじみ感じております!

さあ、話はガラッと変わりますが、今日は私がTUFSに進学を決めた時のことをお話ししようと思います。思い出話になりますがお付き合いくださいませ〜

私がTUFSに進学したいと心に決めたのは高2の11月でした。そもそも、私がTUFSの存在を知ったのは高2の9月頃だったんです。その間わずか2ヶ月!笑

きっかけは、高校のキャリアデザインツアーでした。訪問大学を選ぶとき、東京外国語大学の存在を知り、「海外興味あるしここでいいか!」というなんとも軽い動機でTUFSを選択。実際にキャンパスに足を運んでみると、たふモニュや円形回廊は素敵だし、説明してくださった大学で学べることやプログラムも魅力的で、ここで学べたら楽しそうと思えました。

大学を案内してくださった方が最後に、「来月外語祭があるからぜひ来てね〜」とおっしゃって、「外語祭?なんだろう、楽しそう!」と、私の好奇心はMAXに。出身は新潟県なのでちょっと遠かったのですが、友達を誘っていざ外語祭へ!

私の訪れた97thの外語祭はあいにくの雨でした。しかし、30の国と地域の料理が立ち並ぶ料理店をはじめ、さまざまな企画にと 多くの人が集まっていて、その雰囲気に少し圧倒されました。そんな外語祭を通して、私のTUFSに対する気持ちは「楽しそう」から「私もここで大学生活を送りたい」に変わっていきました。この気持ちが、私がTUFSの受験を決めた最初で最大の理由だったように思います。

今、私の決断を後押ししてくれた外語祭を支える外実の一員になることができて嬉しいです。私たちの作る外語祭が、私がそうであったように、誰かが『外大すてき!』と思うきっかけになれたら嬉しいな、と思います。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
おわりに、地元の海と夕日の写真をシェアします。新潟県は豪雪地帯で有名ですが、夏の暑さも凄まじいんですよ…!でも、日本海に沈む夕日を見ればそんな暑さ疲れも吹っ飛びます〜
皆さんも体調に十分気をつけて、夏を充実させていきましょう:ヒマワリ:

あべ(事務局1年)