チャレンジ!

  • by

皆さんこんにちは、野外ステージ局二年のひろゆきです。

あっつい日が続いていますね、連日の30℃越えにもう外に出るのもうんざりです。出かけることより家にいることの方が好きなので、この夏休み中はバイト以外ではめったに外には出ません。家ではもっぱらゲームをしています。スマホも、据え置きも。ただやっぱりそれだけではつまらないので、最近はいろんなことを始めようと思っています。例えばお料理とか。実家暮らしなのでほとんどする機会がないのですが、せっかくの暇な機会ということで始めて見ました。まだほんっっとに簡単なものしかできませんが、いつかはおしゃれなものを作れるくらいまでには頑張りたいなと思っています。あとは、期末テストの結果が想像以上にやばかったので、また二年生を繰り返さないように、勉強もしっかりやんなきゃ…と思っています。

さて、題名にあるチャレンジという言葉ですが、自分は何か新しいことに挑戦するということがとても苦手です。今の環境でいられるならそのままでいたいし、現状に満足しているなら無理に変わったことをする必要はない、そう思っています。外国に留学したり、あるいは自分からボランティアやキャンペーンに参加したりする人が非常に多いこの大学において、僕のような人はまれだと思います。ただ、僕と同じような思いを持っている人も少なからずいるでしょう。

しかし、今年の二月、新しいバイトを始めてから、少し変わりました。それまでは、通っていた塾にそのままスタッフとして入り、働いていました。しかし、そこでのバイトにあまり入れなかった時期に、新しく家の近くにできるコンビニで働き始めました。今までとは全く違う環境で、それまで経験していなかったことをたくさん経験しました。正直、めちゃくちゃいっぱい怒られました(笑)。でもやっていくうちに、楽しさもわかってきて、これ以外にもいろんなことに挑戦してみたいなと思えるようになってきました。

「今が一番いい」「変わりたくはない」と考える気持ちはとても分かります。そういう人はだいたい、自分に対して自信を持ち切れていない人だと思っています。僕もそうでした。「俺にはそんなことできない」「俺は別に必要じゃない」そういったことをいつも考えます。今だってそうです。でも、そういった気持ちよりも、「俺ならいけるんじゃ?」って考えられる方がずっと楽だし、楽しいに決まってます。でも、人の気持ちをいきなり変えるのは難しいことです。だからこそ、まずは行動してみることが僕は大事だと思います。つらいこと、しんどいこともたくさんあるかもしれません。ですが、その経験を乗り越えたときに、自分への自信はついてくるんだと思っています。僕自身も未だ発展途上ですが、これを読んで、少しでも変わろうとしてくれる人がいたら嬉しいです。

最後の写真は、去年山形に行った時の海の写真です。コロナが収まったらまたいけますように…

 

ひろゆき(野外ステージ局2年)