大学生活

  • by

こんにちは!
渉外局2年のゆうきです。本来なら夏休みだし旅行とか短期留学の話題を書くんだと思いますが、今年は海外はもちろん国内の移動も難しいので、今回は今の一年生や来年大学に入る人たちに大学生になって何がどう変わったのか、自分の経験に基づいて書きたいと思います。
まず自分が大学に入って1番感じた変化は一気に世界が広がったことです。世界が広がるというのは単に行動範囲が広がることだけでなく人脈や友達にも多様性が生まれ、本当にいろんな人たちが意外にも近くにいることを感じるようになります。
また、外側に世界が広がるのと同時に内側にも広がる気がします。これが2つ目です。新たな自分の興味を発見したり、今まで知らなかった自分の側面に触れたりする機会に遭遇することがあるかもしれません。大学に入って(多分卒業してからもずっと)いろんな人や光景に出会う中で自分が見ている世界がガラッと変わることがありますが、自分はその変化を謙虚に受け入れたいと思っています。そうする事で、常に今自分が見ている景色とは異なる世界の存在に対して敏感でいられるからです。そのために必要なことこそが教養であり想像力だと思います。これは自戒も兼ねてですが、どんなに色んな知識や経験を得ようとも他人に対してはもちろん、自分自身に対しても常に謙虚でいるように心がければ今後いろんな方面への道が見えてくるかも知れません:ぽっ:内容と全く関係ありませんが、写真は3月のボスポラス海峡です

 

ゆうき(渉外局2年)