コロナが残すもの

  • by

GAIGOSAI WEBをご覧の皆さん、こんにちは!
広報局3年のゆきです!

さて、突然ですが、私は今、スタッフブログを書いているはずではありませんでした。
何を言っているんだと思われるかと思いますが(笑)、9月からアメリカに留学に行っている予定だったのです。
お察しの通り、新型コロナウイルスの影響により3月に中止が決まり、春学期で引退する予定だった外語祭実行委員会に、お願いして残らせてもらいました。

コロナウイルスにより、私たちの人生計画は、めちゃくちゃにされました。

3年の秋から長期留学に行くのがスタンダードな外大では、留学が中止になってどうしたらいいか分からないという人も多くいますし、世界中の全ての人が、多かれ少なかれ自分の生活を大きく変えられたと感じているのではないでしょうか。
私自身も、対面での留学が中止となり、来年の春に就活とオンライン留学を並行することになって、大きな不安を感じています。

それでも、ありきたりな言葉ですが、悪いことばかりではありません。私の場合、外語祭実行委員会に残り、この第98回外語祭に携われたことは、コロナによってもたらされたラッキーのうちの1つでした。
去年派遣留学への応募を決めた時も、最高学年として外語祭に関わりたいという思いにかなり後ろ髪を引かれていました。
尊敬する同期、可愛い後輩と一緒に1年間働けたことは、私にとってかけがえない宝物です。
今年の最初にWEBの大幅リニューアルを決めた当初は、オンライン開催になるとは露ほども思っていませんでしたが、こうして多くの人に訪れていただけることになって嬉しいです。
たとえオンライン開催でも、1年間をたった5日間のためにかける私たち実行委員の思いは変わりません。
ぜひ今年ならではの外語祭を楽しんでくださいね!

また、コロナによって外語祭がオンライン開催となったことで、このスタッフブログを見てくれる方も増えたのではないかな?と、実は期待しています。
私は去年までスタッフブログ担当だったのですが、皆が魂を込めて書いてくれた素敵なブログ達が、どうやらあまり読まれていないことに苦い思いをしていました。
このブログを読んでくれている方の中にも、「今年はオンライン開催って聞いたけど、どんなことをやるのかな?」と覗いた結果、スタッフブログにたどり着いたという方もいるのではないでしょうか。

ほら、悪いことばかりじゃなかったでしょ?

写真は、留学に行く予定だった大学の写真です。
先輩によれば、天気も良く、とても良いところらしいです。
そういう話を聞くと、「行きたかったなあ、コロナめ、なんてことをしてくれたんだ」という気持ちになりますが、起こってしまったことを振り返ってばかりいても仕方がないので、友達と「コロナ最悪だよ~」なんて愚痴を言いつつ、なんだかんだ楽しく日々を過ごしていたいなと思います。

 

ゆき(広報局3年)